Event is FINISHED

Mappy Valentine's Day!〜Meet and talk about civic mapping!〜

Description

(日本語は下に)

Let's have a meetup with Japanese civic mappers and Nick Doiron, ex-Code for America fellow and an active civic mapper.

Nick will give us a presentation:
- civic mapping (focus on CfA and City of Boston)
- creative maps made with future map technology (vector tile, mapboxgl) for tips on what to learn in the future

Then Hal Seki from Code for Japan will talk about Code for Japan activities.
Also, OSM mappers will give some presentations about civic mapping.

This event will go in English mainly, but some presentation will be in Japanese.

■Event schedule
2017 Feb. 14th 19:00pm - 22pm
Capacity: 30
Ticket:3,000YEN(2drinks and food)

■Speakers

Nick Doiron
As a 2012 Code for America fellow, I adopted, adapted, and wrote new open source software for Macon, Honolulu, Santa Cruz, and Chicago.

I was awarded First Place in the 2012 Civic Data Challenge, and Key to the City of Macon, Georgia. Our Honolulu Answers team received several awards.

In 2013 I developed apps with Datamade for the Chicago Health Atlas, and the School of the Art Institute of Chicago.
I continue to hack on open data and government at The Asia Foundation's Digital Media and Technology Program, and Code for America meetups.

http://mapmeld.com/

Hal Seki

Representative of Code for Japan

Hal Seki has been working as a Geo Developer since 2002. He is a CEO of Georepublic Japan, which is providing location based system consulting/developing services, as well as a representative of Code for Japan. He is well known as a community manager for solving social issues bu technology tools in Japan. Also, He is entitled as Ushahidi Certificated Developer since he has been a managing director of Sinsai.info, a cloud sourcing platform for collecting crisis information using Ushahidi since 2010, the Great East Japan Earthquake occurred.


■Schedule
19:00 Door open
19:15 Start
19:25 Presentation
Hal Seki

Nick Doiron
Satoshi Iida
Lightning talks
22:00 Close

Please mail me (hal@code4japan.org ) below info if you want to give lightning talks (5 min) at the event. (by Feb. 11th)

=======
・Name
・Title
・Summary of the talk
=======


日本語はここから

(2017/02/14更新)

ライトニングトーク登壇者決定!

・山下康成さん
東京!街歩き!マッピングパーティ ~東京を街歩きして地図に書いてみませんか~
東京!街歩き!マッピングパーティのご紹介

・黒田千佳さん
お腹の中から始まる 人生の地図を描こう!
世界防災減災ハッカソン から生まれた "Save the Baby"システムは、OSM をアドオンし、リデザイン開発中です。子どもの幸せな記憶を、Life StoryとしてMapに残し、地域の安心育成デザインMapを一緒につくりませんか。家族だけでシェアしても良し。お友達家族を招待してのMAPも良いですね。チャレンジド(障害を持った赤ちゃん)にとっても必要な、地域情報はまだまだ少なく、重要です。
楽しい思い出、お気に入りのお店、好きな場所、イベント情報なども、それぞれの家族の Life Story を記録として Mapに記録しながら、地域のデザインを見てみませんか。
そのプラットフォームとして、StBシステムを活用していただくには、どのようにしたらよいか、皆さんからアドバイスをいただけたら嬉しいです。

・林優さん
バス停は燃えているか
バス停のカバレッジ率について、バス停マッパーの現状。
http://surveyor.mydns.jp/owncloud/index.php/s/7GLdnxvFryFVqyF

・東修作さん
マッピングの出口を考える
OSMのマッピングパーティはオープンガバメントの文脈で行われることが増えてきています。マッピングは楽しいものですが、編集作業にはやはりハードルがあり、誰もがマッパーになる訳でもありません。さほど技術的な知識が無くても何らかの活動の達成感を味わい、イベント当日だけではなく少しでも続けて行けるような枠組みのヒントを考えてみたいと思います。

川原あずさん
主観的地図を共有しよう!~リアルタイムマッピングのススメ
1月に渋谷にて、外国人観光客向けの地図をテーマに「茶ッカソン in SHIBUYA」(伊藤園主催)をファシリテートした河原あずが当日実施した新ワーク「リアルタイムマッピング」を、当日の盛り上がりのレポートとともに紹介します。

(2017/02/14更新ここまで)
-----------------------------------------
Code for America 元フェローであり、アクティブなOpenStreetMapマッパーでもある Nick Doiron さんの来日に合わせて、ミートアップを開催します!

テーマはシビックマッピング。OpenStreetMap などを使ったマッピング活動の事例や、今後の展望などについて語り合いましょう。
日本側からのプレゼンテーションも募集中です!

■開催概要
日時:2月14日 19時〜22時
定員:30名
参加費:3,000円(2ドリンク、軽食付き)


■Nick Doiron 氏のプロフィール
2012 年の Code for America フェローとして、Macon, Honolulu, Santa Cruz, Chicago などの為にオープンソース・ソフトウェアを開発。2012年の Civic Data Challenge の最優秀者。
2013年には Datamade (https://datamade.us/) を開発。
また、ウガンダやハイチなどで学生向けのマッピングやプログラミング教育を実施するなど、OpenStreetMap 関連の活動も活発に行っている

http://mapmeld.com/

■スケジュール
・オープニング
・乾杯
・Code for Japan の活動紹介
・Nickさんの話

・飯田哲(@nyampire )さんの話
バレンタインデーに求められる成分について

・ライトニングトーク数本
という感じを予定してます。

ライトニングトーク(5分プレゼン)を希望される方は、 hal@code4japan.org まで以下をご連絡ください。(2月11日〆切)
=======
・氏名:
・タイトル:
・プレゼン概要:
=======

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-02-14 02:49:05
More updates
Tue Feb 14, 2017
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
東京都千代田区紀尾井町1-3 17F Japan
Directions
東京メトロ永田町駅9a出口直結 |東京メトロ赤坂見附駅より徒歩1分
Organizer
一般社団法人コード・フォー・ジャパン
1,543 Followers